悪質行為は動画を含む投稿のみ可能です。
運営方針・投稿条件の変更について

情報投稿数

2019.09.23
  • 今日の投稿数
    0004
  • 昨日の投稿数
    0023
  • 今月の投稿数
    0175

NumberData(ナンバーデータ)の掲載基準について

掲載基準について

サイトへの掲載は「悪質行為が行われた状況」「投稿ページでの選択内容・記入内容」「掲載できない内容に該当していないか」などから総合的に判断していますが、「悪意を持って(故意に)行われたものかどうか」「悪質行為の重大性」の2点を判断基準として特に重要視しています。

道路交通法に違反していると考えられる投稿内容であっても、「悪意の無い違反(判断ミス)の可能性も高く危険性も低い」「交通状況的に仕方なかったのではないか」と考えられるケースは見送らせていただいております。※各投稿個別の掲載可否理由は非公開とさせていただいています。

悪意を持って(故意に)行われたものかどうかについて

―信号無視に関する判断例

・「信号が黄色から赤色に変わってすぐに交差点に進入した」→道路交通法上では信号無視と判断されますが、わずかな判断ミスで交差点に進入してしまっていると思われる場合は故意ではないと判断し、悪質性の低い違反であると考えます。

・「交差する道路が青信号に変わり、交通が発生している状況で信号無視をした」「赤信号で停車した前方車両を、右折用車線・対向車線を通過するなどして追い越し、交差点に進入した」→事故の危険性が高く、運転者がそれを理解した上で信号無視を行っていると判断し、悪質性が高い違反であると考えます。

―車間距離(あおり運転か否か)に関する判断例

・「後方を走行する車の車間距離が近い」→映像からでは実際の車間距離の確認が難しいケースが多く、当該車両が悪意を持って行ったかどうかが不明のため、車間距離不保持のみの違反で報告をいただいた場合は掲載を見送らせていただく可能性が高くなります。

・「後方を走行する車の車間距離が近く、蛇行運転やパッシングを執拗に繰り返された」→後方車の運転者が明らかに悪意を持っている、煽る意図があると判断できるため、掲載させていただく可能性が高くなります。

―共通の判断基準例

・「煽られたとされる撮影車が先に相手を煽っていた」「煽ってきた相手がより激しく煽るように、撮影車が炊きつける行動をわざと行った」と映像内にて判断できる場合には掲載を見送らせていただきます。

・「撮影車に明確な道路交通法違反行為があり、それが報告された車との揉め事に繋がった」と映像内にて判断できる場合には掲載を見送らせていただきます。

悪質行為の重大性について

「車両から降りてきて暴力をふるう(暴言を言う)」「車体がぶつかりそうになるほど幅寄せをしている」など重大な悪質行為と判断できる場合には積極的に掲載いたします。

投稿に関するお願い

掲載できる内容・掲載できない内容に関係なく、投稿者の方が危険に感じた(不愉快に感じた)ことは事実だと考えています。
全ての投稿(虚偽やいたずらを除く)を掲載できればとの思いですが、投稿内容によっては投稿者の方が非難(攻撃)の対象になる例もあります。
運営チームとしては、そのような事態は避けなければなりません。
そのため、掲載できない投稿についてに該当していなくても、 悪意を持って(故意に)行われた悪質行為であると判断できる投稿に限定して掲載する方針です。
ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

トップページ