悪質行為は動画を含む投稿のみ可能です。
運営方針・投稿条件の変更について

情報投稿数

2019.09.23
  • 今日の投稿数
    0004
  • 昨日の投稿数
    0023
  • 今月の投稿数
    0175

ナンバープレートの投稿(公開)について

当サイトではナンバープレートを含めた情報を投稿することができます。
ナンバーの公開に賛否あること、慎重な意見があることは承知しております。
弁護士の方にも相談の上で、現在は投稿可能との運営方針です。

しかし、ナンバープレート公開は必須ではありません。
ナンバープレートをぼかして投稿することも可能です。
ナンバーの公開の有無は投稿者の方が選択することができます。
投稿ページのナンバー欄を空白にして、備考欄に「ナンバーのぼかし希望」とお書きください。
運営チームにてぼかし加工いたします。
また、運営チームの判断でぼかし加工させていただくことがあります。

その他の点についても権利侵害がないように弁護士の方と相談の上、適正に運営をしております。
→掲載基準について
→掲載できない内容について

また、総務省の見解では「ナンバープレートの情報は個人情報には該当しない」とされています。
→総務省の見解について

ナンバープレート投稿の注意点

画像や動画に特定の個人を識別できるもの(ぼかしていない顔の部分・個人の家の駐車場など)が映りこんでいる場合にはプライバシーを侵害する恐れがあります。

ぼかしていない顔の部分については、肖像権を侵害する恐れもあります。
プライバシーや肖像権を侵害する恐れがある画像や動画は投稿することができません。

また、虚偽の情報の投稿などは法律で罰せられる恐れがあります。絶対におやめください。

→掲載できない内容について

総務省の見解について

総務省の資料を抜粋して引用しました。ナンバープレートの番号は個人情報に該当しないとの見解、ナンバープレートの番号からその登録名義人を照会することが容易ではない理由が書かれています。

引用資料
 『 利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会第一次提言(案)』

引用文章1(P:10)
『自動車のナンバープレートの番号が写り込んでいた場合も、ナンバープレートの番号からその登録名義人を照会することは容易ではないことから、個人識別性を欠き、「個人情報」には該当しないと考えられる。個人の容貌が写り込んでいる場合には特定の個人を識別可能といえるが、顔の部分にぼかしをかける等の措置を講じた上で公開している限り、個人識別性を欠き、「個人情報」には該当しないと考えられる。』

引用文章2(P:10)
『運輸支局又は自動車検査登録事務所の窓口において所有者等の登録事項を確認することができるが、確認には、ナンバープレートに表記されている文字・数字すべての他に車台番号下7桁の数字すべてが必要とされる。また、何のために必要なのか、請求事由を明示する必要がある。さらに、請求する方の住所及び氏名を確認するもの(運転免許証など)も必要となる。』

引用元URL
http://www.soumu.go.jp/main_content/000028227.pdf

トップページ